【例文付き】面接で役立つ新卒向けの逆質問

逆質問とは、面接の最後に聞かれる「何か質問はありますか」という質問のことです。

この記事では、面接官から「熱意のある良い学生だった」と思われるために、逆質問のポイントや例文をご紹介します。

この記事の内容
・逆質問はいくつ用意すればいいのか

・就活・面接で使える逆質問の例

・NGな逆質問

逆質問は何個準備すればいい?

準備する逆質問の数は、個人面接と集団面接で変わってきます。

個人面接は2、3個
2、3個であれば、短すぎて「興味がない」長すぎて「うっとおしい」と思われない、丁度いい時間で終わります。

集団面接は3、4個
集団面接だと、逆質問が他の就活生と被る場合があるので、少し多めに準備していくと良いでしょう。

逆質問は面接ごとに使い分けよう

一次面接・二次面接は「人事部の社員」や「若手から中堅の現場社員」が担当することが多く、最終面接は「役員」が担当することが多いです。

つまり、面接の段階によって、面接官が知っていることや考えていることが違うということです。

一次面接・二次面接の面接官は、現場社員の可能性があるので仕事内容や1日の流れを聞くと、具体的な話を聞くことができます。

人事部の面接官には、キャリアプランや異動の頻度などを質問すれば、具体的な話を引き出せるでしょう。

役員には、企業の中・長期的なビジョンを質問すると、具体的な答えが返ってきます。

ネットで調べて分かることは、質問しないようにしましょう

面接官の役職って関係ある?役職別の評価視点と対策方法

就活・面接で使える逆質問の例

ここでは、目的別に逆質問をまとめたので、会社説明会や面接などで使ってみて下さい。

求める人物像を聞く逆質問

・成長するタイプはどんな人が多いですか

・御社で活躍されている方の特徴を教えて下さい

・働くうえでどんな能力が必要ですか

仕事内容を聞く逆質問

・1日の仕事の流れを教えて下さい

・現在取り組んでいる仕事は、会社や部署にとってどのような役割を果たしているのでしょうか

・オンラインのコミュニケーションで気を付ける事は、どのような事だと感じていますか

社風を聞く逆質問

・転勤の頻度を教えて下さい

・休日も仕事仲間と過ごすことはありますか

・社員同士の飲み会は、どれくらいの頻度でありますか

・他部署との交流はありますか

・〇〇の事業に興味があるのですが、配属はどのように決まりますか

・達成感を感じたエピソードを教えて下さい

企業のビジョンを聞く逆質問

・今の会社に足りないと思ってることはなんですか

・中期経営計画では「3年後の経営計画に〇〇」と書かれていますが、その先のビジョンを教えて下さい

面接官に対する逆質問

・社内で尊敬する人はどんな人ですか

・仕事をしていて、楽しいと思ったことや辛いと思ったことを教えて下さい

・仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか

・入社前と入社後でギャップはありましたか

NGな逆質問

ここでは、逆質問の悪い例を紹介していきます。

特にないです
面接官に「興味がない」「関心がない」と思われてしまいます。

逆質問は複数用意しておきましょう。

「はい」「いいえ」で答えられる逆質問
このような逆質問は、その後の会話を弾ませることが難しくなります。

悪い例
「女性が働きやすい会社ですか」

良い例

「産休・育休後の女性の復職率はどれくらいですか」

悪い例
「異動は多いですか」

良い例
「〇〇さんは、入社されてからどれくらい異動を経験されましたか」

ネットで調べれば分かる逆質問
ネットや会社説明会で分かるような内容は、聞かないようにしましょう。

悪い例
「企業理念を教えて下さい」

良い例
「御社の〇〇という理念に大変共感しましたが、仕事でこの理念を実践するために取り組んでいることを教えて下さい」

面接官のプライベートについての逆質問
「子供がいるか」「どれくらいの人が結婚しているか」など、仕事に関係ない逆質問はNGです。

悪い例
「休日は何をされていますか」

良い例

「休日も仕事仲間や取引先のお客様と過ごすことは多いでしょうか。あれば頻度はどれくらいですか」

給料や残業、福利厚生に関する逆質問
面接官に「仕事よりも給料や福利厚生重視なのかな」と思われてしまいます。

悪い例
「残業は多いですか」

良い例
「1日の仕事の流れを教えてください」

逆質問は何を聞けばいいの?具体的な逆質問の例文集