面接会場には何分前に到着するべき?

時間を守るのは、社会人として常識です。

なので、もし面接に遅刻したら「社会人になる自覚が無い」と思われてしまう可能性があります。

本記事では「面接は何分前に到着すれば良いのか」「もし遅刻しそうになったらどうするか」などを解説していきます。

この記事の内容
・いつ面接会場に到着すればいい?

・トラブルが起こった時の対応

いつ面接会場に到着すればいい?

面接会場には、30分前に到着しておきましょう。

早すぎると感じるかもしれませんが、受付の場所に迷ったり、面接前に書類を書く場合があるので、余裕を持って到着しておきましょう。

受付をするのは、10分前がちょうど良い時間です。

オンライン面接の場合は、遅くとも5分前にクリックすれば面接ができる状態にしておきましょう。

トラブルが起こった時の対応

ここでは、面接前にトラブルが起こった場合の対応方法を解説していきます。

遅刻する場合

電車の遅延などで遅刻しそうになった場合、遅刻することが分かった時点で担当者に電話し「面接予定時刻」「名前」「遅刻の理由」「何分に到着できそうか」を伝えましょう。

お世話になっております。

本日◇時△分に面接予定の〇〇です。

採用担当者の□□様はいらっしゃいますか?

採用担当者が電話に出たら

お世話になっております。

本日◇時△分に面接予定の〇〇です。

電車が事故で遅延しており、間に合いそうにありません。

〇時×分には到着できそうなのですが、面接をして頂くことは可能でしょうか?

万が一に備え、トラブル時の連絡先は確認しておきましょう。

面接に行けなくなった場合

遅刻する場合と同じで、面接に行けなくなったと分かった時点で連絡しましょう。

別企業の面接やアルバイトは、断る理由になりません。

オンライン面接でつながらない場合

URLにアクセスできない場合は、以下の可能性があります。

・指定のツールをダウンロードしていない
・ツールが最新版ではない
・Wi-Fiが弱い
・面接官がツールを起動していない

・面接官が入室許可をしていない

他のアプリやブラウザを起動していると回線速度が落ちるので、不要なものは閉じるようにしましょう。

声が聞こえない場合は、以下の可能性があります。

・自分のスピーカーがミュート
・スピーカーの音量が小さい
・面接官がマイクをオフにしている

上記を確認しても声が聞こえない場合は、面接官に声が聞こえないことを伝え、再起動などしてみましょう。

オンライン面接の場合でも、トラブル時の連絡先は確認しておく必要があります。

事前準備が大切

面接に遅刻しないためには、事前の準備が大切です。

「オフライン面接」「オンライン面接」に関してもまとめてあるので、よろしければご覧下さい。

面接の第一印象を良くする5つのポイント

【新卒向け】知らないとヤバイ面接のマナー

事前準備で7割決まる!?オンライン面接の注意点