面接の第一印象を良くする5つのポイント

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」によると、人の印象は3秒で決まると言われています。

さらに、第一印象を決める割合は

■視覚(見た目)・・・55%
■聴覚(声・話し方)・・・38%
■言葉(話の内容)・・・7%

つまり、面接官に合ってから3秒で、半分以上の印象が決まってしまいます。

今回は、そんな第一印象を良くする5つのポイントについて解説していきます。

この記事の内容
・身だしなみ

・表情

・姿勢

・話し方・口調

身だしなみ

上記の通り、見た目で半分以上第一印象が決まってしまいます。

身だしなみが悪ければ、第一印象が大きくマイナスになってしまうので、下記のチェックリストを参考に、必ず対策をしましょう。

男性の身だしなみチェックリスト

髪型
・面接に適した髪色か

・寝ぐせやフケはないか

・前髪が目にかかっていないか

シャツ
・シワや汚れはないか

・ボタンが取れていないか

ネクタイ
・しっかり結べているか

・曲がっていないか

・派手な色や柄でないか

スーツ
・サイズは合っているか

・ズボンの折れ目がしっかりついているか

革靴
・靴紐がほどけていないか

・汚れや摩耗がないか

女性の身だしなみチェックリスト

髪型
・面接に適した髪色か

・清潔感があるか

・きついパーマがかかっていないか

服装
・スカートの丈は適切な長さか

・シワや汚れがないか

・適切なデザインや色か

・歩きやすいヒールの高さか

・長すぎないか

・派手なネイルになっていないか

表情

当然ですが、面接官はあなたの表情を見て感情を読み取ります。

表情が硬かったり変化に乏しいと、印象は良くないです。

どうしても緊張してしまう人は、とにかく面接を繰り返して慣れるしかありません。

インターンの面接や模擬面接などを受けて面接に慣れていきましょう。

比較的早期から選考が始まるベンチャー企業や外資系企業にも、練習として参加してみると効果的です。

姿勢

こちらも見た目に関わるポイントです。

ほとんどの面接は、椅子に座ったまま行われます。

座った状態で良い姿勢を保つポイントは、以下の6つです。

  1. 椅子は深めに座るが背もたれは使わない
  2. 会話や質問を行う面接官の方向に体ごと向ける
  3. 顎を少し引く
  4. 背筋を伸ばし、維持する
  5. 男性は足を肩幅より少し狭めに開く
  6. 女性は両足を揃え、手を膝の上に重ねておく

面接によっては、1時間以上同じ姿勢を保つ必要があります。

途中でボロが出ないように、普段から正しい姿勢を維持できるように練習しておきましょう。

話し方・口調

会話の相手や状況に合わせて、尊敬語・謙譲語・丁寧語を使い分けましょう。

内容を話すことに集中してしまい、言葉遣いが疎かになってはもったいないです。

普段から正しい言葉遣いを意識して生活しましょう。

また、相手に伝わるように「声の大きさ」「話す速さ」に注意しましょう。

面接によって「面接官や他の就活生の人数」「部屋の広さ」「面接官との距離」が違います。

その場に合った声の大きさで、ゆっくりめに話すように心がけて下さい。

入室時のマナー

ほとんどの面接は、入室から着席まで決まった流れで進行します。

具体的な流れについて、順を追って解説します。

まずは、面接会場に入室する際、面接会場のドアを3回ノックします。

面接官に「どうぞ」と言われてから、「失礼致します」と言ってドアを開け、入室後に後ろを向いてドアを閉めましょう。

ドアを閉めたら、面接官の方に向き直ってお辞儀、その後席へ向かいます。

直接着席はせずに、椅子の横に直立してから「よろしくお願い致します」と挨拶をしましょう。

挨拶後に深くお辞儀をし、面接官に「どうぞ」と言われてから軽くお辞儀をして着席。

以上の流れを覚えておきましょう。

【新卒向け】知らないとヤバイ面接のマナー